ひとり親世帯臨時特別給付金とは

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、臨時特別給付金を支給するものです。

※当町にお住いの方は、児童扶養手当と同様に、県から支給されます。

支給対象者
1 基本給付

○児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付(※1)

 次の(1)~(3)のいずれかに該当する方

 (1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方

 (2)公的年金等を(※2)受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全部停止される方(※3)

 (3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

 ※1 児童扶養手当法に定める「養育者」の方も該当となります。

 ※2 遺族年金、障害年金、老齢年金、遺族補償など

 ※3 既に児童扶養手当の受給資格者として認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。

2 追加給付

○新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付

 「1 基本給付」の支給対象者(1)又は(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

給付額
1 基本給付

 1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

2 追加給付

 1世帯5万円

給付金の受給手続
支給対象者「1 基本給付」(1)に該当する方

 基本給付は、申請不要です。

【ご注意ください】

  • 給付金を希望しない場合は、町役場に届出をしてください。
  • 児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約しているなど、給付金の支給に支障が出るおそれがある場合は、振込指定口座を変更するなどの手続をお願いします。

 追加給付は、申請が必要です。

支給対象者「1 基本給付」(2)、(3)に該当する方

  基本給付、追加給付(※4)ともに申請が必要です。

 ※4 追加給付は、支給対象者「1 基本給付」(2)に該当する方が申請できます。

申請受付期間

 令和2年8月3日(月)から令和3年2月15日(月)まで

 ※役場閉庁日を除きます。

 ※郵送による申請の場合は、申請受付期間に町役場へ到着する必要があります。

その他

 申請用紙等については、県のホームページからダウンロードできます。