平成28年が町の伝統行事である第353回常盤八幡宮年縄奉納行事で明けてから、あっという間に年の瀬になりました。今年も残り少なくなりましたが皆様が良い形で一年を締めくくることができれば幸いです。

 今年一年、日本各地では地震や台風など自然災害の猛威にさらされました。また、世界中ではテロや紛争が起こり、不安定さを増しています。私たちは、お互いを思いやり、手をたずさえながら前に進むしかありません。来年は平穏無事な年となることをただただ祈るばかりです。

 さて、町に目を向けますと今年は明るい話題がたくさんありました。まずは、町の宝である子どもたちの頑張りです。藤崎中学校バスケットボール部の東北大会優勝と全国大会出場、そして常盤小学校スクールバンド部による全国マーチング大会出場です。12月17日、18日に埼玉スーパーアリーナで行われる全国マーチング大会では「心のふるさと~津軽平野~」をテーマに、心一つに情熱あふれる演奏をし、昨年に続き、金賞を受賞してくれるものと思います。

 

 ねぶた合同運行やながしこ合同運行、津軽花火大会に町民大運動会、そして第4回ふじさき秋まつりと、今年も様々なイベント・行事に多くの町民に参加していただき、町民力の結集で町内外に藤崎町を発信できたものと大変嬉しく思います。
 特に秋まつり初日には"ふじりんごふるさと応援大使"である梅沢富美男さんが参加し、直径3メートルのジャンボアップルパイを来場者1,600人に配っていただき、感謝しています。
 梅沢さんはふるさと公演やふじワングランプリ、ふじさき秋まつりと母のふるさと藤崎町に大きく貢献してくださいました。来年は、どんな形でご協力くださるのか・・・?楽しみにしてください!!

 来年は酉年を迎え、皆様とともに大きく羽ばたきたいと思います。良いお正月をお迎えください。 

 平成28年12月15日

 ”ふじりんご発祥の地” 青森県藤崎町長 平田 博幸