町民の皆様におかれましては、雪が少なく、穏やかなお正月を迎えられたことと思います。新しい年が皆様にとりまして最良の年となるよう祈念申し上げます。

 さて、昨年の12月中旬に、埼玉県で開催された第44回マーチングバンド全国大会で、常盤小学校スクールバンド部が2年連続金賞を受賞しました。おめでとうございます!2月4日(土)にはスポーツプラザ藤崎で感謝演奏会を行い、日本一の演奏とフォーメーションを披露し、800人を超える聴衆から拍手喝采を受けました。6年生はこれが最後の演奏ということで、中学校に進学しても頑張ってもらいたいと思います。

 

 さて、2月6日(月)の東奥日報に県内市町村のふるさと納税の一覧が掲載されました。県内40市町村のうち、藤崎町だけが掲載されていませんでしたが、現状は、平成27年度が530万円、平成28年度が1,100万円強の寄附がありました。住所地以外の自治体に寄附することで税金が控除されるふるさと納税制度は、大変ありがたく、返礼品として町の特産品を送ることで町の活性化につながり、良い制度だと思う一方で、このふるさと納税制度で年間の税収が17億円も他の市町村に流れ、計画している事業に着手できない自治体もあるという記事を目にしました。年間10億円から20億円以上のふるさと納税を受けている市町村もあるそうで、国の地方交付税に左右されながら行政サービスを提供している小さな町の町長として、制度是正を求めながらの無回答をお許しいただきたいと思います。

 さて、6年前から進めてきた食彩ときわ館の整備事業ですが、地方創生拠点整備交付金が2月3日に決定され、「りんごだけじゃない!ふじさき品質を活かした『食』産業創造拠点整備事業」の交付予定額が2億8,436万6千円となり、平成29年度の事業実施に弾みがつきました。厚生労働省の実践型地域雇用創造事業のソフト事業と連動させながら、藤崎町の特色あふれる拠点整備に取り組み、にぎわいと雇用を生み出していきたいと思います。

 町長に就任し6年目となり、改めて初心を忘れることなく今年も愚直に、そして謙虚に1日1日を大切に歩みたいと思います。また、今年も町民の参画をいただきながら、町民が主役の活力あるまちづくりを目指したいと思いますので、ご協力のほど心よりお願い申し上げます。

 平成29年2月6日

 ”ふじりんご発祥の地” 青森県藤崎町長 平田 博幸