2013年5月14日 町長のつぶやき 

 

 豪雪の今年、全国の雪国の市町村は除排雪対策に大変であったことと思います。やっと春が来たと思ったら、予想以上に低温が続き、日本一の弘前城のさくらまつりもゴールデンウィーク過ぎが見ごろとなりました。間もなく開花を迎えるりんごの花も平年よりだいぶ遅れて5月19日にふじの開花と予想され、雪害での枝折れに輪をかけて小玉傾向が予想されるなど出来秋がとても心配です。

 

 さて、そんな中で5月12日日曜日、母の日に、母のふるさとである当町の藤崎町文化センターで、午前11時と午後4時からの二回公演をした"梅沢富美男 特別公演"。3部構成で公演され、第一部に人情芝居、第二部に梅沢富美男オンステージ、そして第三部に艶やかな女形…ふるさと舞踊絵巻!!と全ての観衆を魅了し、笑いに、涙に多彩な魅力を思う存分披露していただき、お客様が大変満足して会場をあとにしました。
 昨日、12時30分発のはやて34号で東京へ帰る際も新青森駅へお見送りし、再公演をお願いしたところです。

 

 7月の下旬に中南郡町村会の視察研修があり、明治座の公演を研修日程に組み入れるため、今朝富美男企画にチケット申込みの電話をしたところ、富美男さん本人とお話することができました。なんと!なんと来年の藤崎公演の日程を決めるため、来週再び当町へおいでいただけるいうことで、今回チケットを取れずに残念であった皆さんは、ぜひ来年にご期待下さい。来年は連続3日間・5公演を実現したいと思います。

 

 "一日一個のりんごは医者を遠ざける"という諺のとおり、梅沢富美男さんには我が町の"ふじりんごふるさと応援大使"として全国に発信してもらいたいと思います!!
 

平成25年5月14日
りんご「ふじ」発祥の地 青森県藤崎町長 平田博幸