五十嵐匠監督映画「二宮金次郎」藤崎町上映会開催のお知らせ

 藤崎町にゆかりのある、映画監督 五十嵐匠さんの映画「二宮金次郎」の上映会を開催します。皆さんのご来場を心よりお待ちしています。 


作品紹介

 これまで一度も描かれることのなかった伝説の巨人「二宮金次郎」その激動の生涯を初めて完全映画化しました。
 小学校の校庭に必ずと言っていいほどあった金次郎像。それは貧しさにもめげず黙々と働き、勉強する理想の少年像でした。しかし、それは二宮金次郎の一部にすぎません。
 金次郎は、道徳と経済を併せて説いた報徳仕法を唱え、小田原藩家老の家の財政立て直しや貧困に苦しむ農村の再建などに手腕を発揮し、その数は605カ町村を復興させました。
 しかし、その道は険しく、そのやり方は百姓たちの反感をかい、次第に金次郎に賛同していた百姓たちも離れていくことになります。そんな中、突然金次郎は何も告げず失踪していしまいます。
 金次郎は一体どこに?妻なみと復興にかける金次郎の激動の生涯をぜひご覧ください。

 日時

 5月8日(水) 午後6時30分 上映開始
 ※会場時刻は、上映30分前

 場所

 藤崎町文化センター「大ホール」

 入場料

 500円(全席自由席)

 ※入場券を4月1日より藤崎町文化センター(休館日:毎週月曜日)と
  常盤生涯学習文化会館(休館日:毎週日曜日)において販売します。

 お問合せ

 町教育委員会生涯学習課 電話 65-3100

 

映画監督 五十嵐 匠

 1958年9月16日、青森市生まれ、藤崎町育ち。
 弘前高校、立教大学文学部卒。
 大学時代、シナリオセンターに通う。岩波映画・四宮鉄男監督に師事、
 助監督として修業する。
 以後、TBS「兼高かおる世界の旅」制作のため、アラスカをはじめ、
 世界各国を回る。

 主な監督作品

 1996年 長編ドキュメンタリー映画「SAWADA」
       (毎日映画コンクール文化映画グランプリ・キネマ旬報文化映画グランプリ・
      日本映画ペンクラブ選出準グランプリ・日本映画技術賞・JSC賞)
 2000年 映画「地雷を踏んだらサヨウナラOne step on a mine,It's all over.」
       (浅野忠信主演)
 2007年 映画「長州ファイブ」(松田龍平主演)【監督・脚本】
       (第19回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」公式出品、
        第40回アメリカ・ヒューストン国際映画祭グランプリ)
 2015年 直木賞作家「重松清」原作作品劇映画「十字架」を監督
       (永瀬正敏、小出恵介、富田靖子、木村文乃他)(2016年正月全国劇場公開)
 2019年 映画「二宮金次郎」(合田雅吏、田中美里、榎木孝明(特別出演)、柳沢慎吾、田中泯)
       (2019年全国ホール他にて公開)