何らかの理由により、父または母と生計を同じくしていない児童を養育している場合や、父または母が法で定める程度の障害の状態にある場合で、18歳に達した年度末までの児童を養育している母または父(または養育者)に手当が支給されます。

窓口

 住民課子育て支援係または常盤出張所

対象者
  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母に重度の障害がある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母が引き続き一年以上遺棄している児童
  6. 父または母が法令により一年以上拘束されている児童
  7. 母が婚姻によらないで出生した児童
支給制限

 次に該当する場合は受給できません。

  1. 公的年金(老齢福祉年金を除く。)を受けることができる
  2. 児童が施設に入所している
  3. 受給者および同居している人の所得が一定額以上となっている
  4. 児童が父または母の公的年金の加算の対象となっている
  5. 児童が児童福祉法に規定する里親に委託されている
  6. 父または母の配偶者に養育されている
支給月

 4、8、12月