国民年金に加入中または加入していた人が、一定の障がいの状態になったとき支給されます。

窓口

 住民課国保年金係または常盤出張所

対象者

 年齢が65歳未満の方で、初診日から1年6カ月経過した日か、その期間内に障がいの状態が固定したと認められる日(障害認定日)に、障がい程度が障害年金の等級表の1級または2級の状態である人

支給要件(次のいずれかを満たしていること)
  1. 初診日前の加入期間の3分の2以上は、保険料を納めているか免除期間であること
  2. 初診日前の1年間は、保険料を納めているか免除期間であること
支給制限
  1. 老齢基礎年金の繰り上げ請求(65歳前に受けること)をした人は障害基礎年金は受けられません。
  2. 他の公的年金を受給している人は、どちらかを選択することになります。
20歳前の障がい

 20歳前に初診日があった障がいは、その人が20歳になったときに支給の対象となります。ただし、本人に一定額以上の所得があるときは支給停止になります。

支給月

 2、4、6、8、10、12月