「新しい生活様式」における熱中症対策

新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である
①身体的距離の確保
②マスクの着用
③手洗い

などの手指衛生の徹底や「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」の実践が求められています。

しかし、マスクを着用することで、今年は熱中症のリスクが例年より高まることが懸念されます。

マスクを着用すると、皮膚からの熱が逃げにくくなり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしずらくなります。

暑さを避け、水分をとるなど「熱中症予防」とマスクの着用、換気を行うなど「新しい生活様式」と両立させましょう。

熱中症予防対策  

①暑さを避けましょう

  • エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
  • 涼しい服装、日傘や帽子の着用
  • 暑い日や時間帯は無理をしない
  • 感染予防のため、エアコンを利用していても換気扇を使用したり、窓開放を行い換気を確保し、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう

②適宜マスクをはずしましょう

  • 気温、湿度の高い中でマスク着用は要注意です
  • マスクを着用しているときは、激しい運動は避け、周囲の人との距離を十分にとって、適宜マスクをはずして休憩をとりましょう
  • 屋外では、人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合は、マスクをはずしましょう

③こまめに水分補給をしましょう

  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう
    飲む量の目安 1日あたり 1.2リットル
    入浴前後や起床後もまず水分補給をしましょう
  • 大量に汗をかいた時は、塩分も忘れずに

④日頃から体調管理をしましょう

  • 日頃から体温測定、健康チェックをしておきましょう
  • 体調が悪いと感じたときは、無理をせず自宅で静養しましょう

⑤暑さに備えた体を作りましょう

  • 暑さに備え、無理のない範囲で適度な運動をしましょう
    「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を毎日30分程度
    ※そのとき、水分補給を忘れずに

 

※高齢者、子ども、障害者の方々は熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。
3密(密閉、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方々からも積極的な声掛けをお願いします。

     

    

 

      厚生労働省 熱中症予防×コロナ感染防止

       https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html