平成20年4月から「特定健診」と「特定保健指導」が実施されています。

特定健診・特定保健指導が実施されることになった理由
  1. 増え続ける医療費の多くを占めるのは生活習慣病
    (町国保の医療費 1位:高血圧疾患、2位:糖尿病、3位:歯肉炎及び歯周疾患)
     
  2. 生活習慣病となる危険は、危険因子が重なるごとに増大し、その原因はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群:内蔵肥満に加え、高血糖・脂質異常・高血圧等が重複した状態)
     
  3. メタボリックシンドロームに着目した特定健診で対象者を選定し、特定保健指導により健康的な生活習慣の定着を図る
特定健診
  • 対象者 町国保に加入している方のうち、当該年度に40歳から74歳になる方
     
  • 実施機関等                     

区分 実施機関名 場  所 時 期 自己負担
集団
  • 青森県総合健診センター
常盤老人福祉センター
スポーツプラザ藤崎等
7月・8月 無料
個別
  • 藤崎診療所
  • むらさわ内科クリニック
  • 樽沢医院
  • 健生病院
  • ときわ会病院
  • 常盤診療所
  • せきばクリニック
各医療機関 4月から
翌2月まで
無料

※国保保険証・特定健康診査受診券・問診票をお持ちください。

特定保健指導
  • 対象者 特定健診の結果に基づき、特定保健指導対象者の階層化の基準によって積極的支援レベルと動機づけ支援レベルに選定された、健康の保持に努める必要のある方
     
  • 実施機関等・・・藤崎町(福祉課健康係)
     

※ご自身の健康を守り高齢社会における医療費の増加を防ぐために、 1年に1回の特定健診を必ず受診くださるようお願いします。