犬の所有者は、狂犬病予防法に基づき、年一回の狂犬病の予防注射を義務付けられています。
 また、犬の登録済みの方には、毎年予防注射の時期にはがきでお知らせします。
 なお、町で指定する期間に予防注射ができない場合は、最寄の動物病院で予防注射を受けた後、注射済証を町に提出してください。

※犬の注射済票を交付します。

※高齢や病気などのやむ負えない理由により、予防注射を受けることができない場合は、獣医師に相談の上、”予防注射の猶予”を証明してもらってください。