次のいずれかに該当する場合は税務課固定資産税係へ届け出が必要となります。
届け出の用紙は税務課窓口に備え付けてあります。

なお、届け出の際に、確認させていただくことや添付していただく書類などがありますので、あらかじめ電話でご連絡ください。

家屋を取り壊したとき

家屋補充課税台帳登録滅失届 [37KB xlsxファイル] 」を提出してください。
(注)滅失登記をした場合は届け出の必要はありません。

未登記家屋の所有者が変更になったとき

 未登記家屋の名義を変更する場合には法務局で表示登記をするか、町税務課固定資産税係に『家屋課税台帳名義変更届(未登記家屋用)』の届出が必要です。

 添付書類について

(1)売買の場合 

 ①売買契約書等の写し

 ②旧所有者の印鑑登録証明書(原本持参のこと。コピー後返却いたします。)

(2)贈与の場合

 ①贈与証書等の写し

 ②旧所有者の印鑑登録証明書(原本持参のこと。コピー後返却いたします。)

(3)相続の場合

 ①遺産分割協議書等の写し又は『家屋課税台帳名義変更届(未登記家屋用)』裏面の申立書記載のこと

 ②旧所有者(亡くなられた方)の戸籍謄本(出生から死亡までの連続したもの)など

 ③法定相続人全員の印鑑登録証明書(原本持参のこと。コピー後に返却いたします。)

 「家屋課税台帳名義変更届(未登記家屋用) [23KB xlsxファイル]   」を提出してください。

送付先が変更になったとき

固定資産税納税通知書等送付先指定届 [39KB docファイル]  」を提出してください。