同じ世帯内の後期高齢者医療被保険者の医療費の自己負担額と介護保険サービス費の自己負担額の1年分(8月~翌年7月末)を合算した額が高額となったときは、所得区分により設定されている自己負担限度額を超えた額が申請により払い戻されます。ただし、超えた額が500円以下の場合は支給対象となりません。

※支給対象となる方へは、青森県後期高齢者医療広域連合から、毎年2月末頃に申請書等が郵送されます。

 年間の世帯の自己負担限度額 

 〈平成30年8月から〉

区分 70歳以上 

現役並みⅢ

(課税所得690万円以上)

212万円

現役並みⅡ

(課税所得380万円以上)

141万円

現役並みⅠ

(課税所得145万円以上)

67万円

一般

(課税所得145万円未満)

56万円

低所得Ⅱ

31万円

低所得Ⅰ

19万円

 

 〈平成30年7月末まで〉

所得区分 自己負担限度額
現役並み所得 67万円
一般

56万円

低所得Ⅱ 31万円
低所得Ⅰ 19万円

 


  低所得Ⅱ:世帯員全員が住民税非課税の方

  低所得Ⅰ:世帯員全員が住民税非課税の方のうち、世帯員全員の各所得金額が0円の方

  ※自己負担額は支払った額から高額療養費や高額介護(予防)サービス費を除いた額です。 

     【申請に必要なもの】

 支給申請書、保険証、認印、通帳、個人番号(マイナンバー)がわかるもの(通知カードまたは個人カード)、本人確認書類(運転免許証、いきいき手形、障害者手帳等顔写真付きの身分証明書など)

※領収書は必要ありません。