次のような場合は、届け出をしてください。

  ※( )内のものは、交付を受けた方のみ必要です。

県外からの転入

   【必要なもの】   

   転出前の市町村から交付を受けた負担区分証明書、認印

県外へ転出

   【必要なもの】

   保険証、認印、(限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証)

県内の転入・転出

   【必要なもの】

   保険証、認印 

町内の住所変更

   【必要なもの】

   保険証、認印、(限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証)

死亡したとき

   【必要なもの】

   保険証、届出人の認印、(限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証)

   ※申請によって、葬祭費(5万円)が葬祭人に支給されます。

   【申請に必要なもの】

    葬儀を行った人の通帳、認印 

生活保護を受けるようになったとき

   【必要なもの】

      保険証、認印、マイナンバーが記載されている通知カードまたは個人カード、顔写真付きの本人確認書類、(限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証)

生活保護を受けなくなったとき

   【必要なもの】

   認印、マイナンバーが記載されている通知カードまたは個人カード、顔写真付きの本人確認書類

交通事故にあったとき

交通事故などの他人の行為でけがをしたときの治療費は加害者の負担となりますが、届け出をすることにより後期高齢者医療制度で治療を受けることができます。

この場合、後期高齢者医療制度で治療費(医療給付分)を一時的に立て替え、後日、加害者に請求することになります。

  ※届け出をする前に加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、後期高齢者医療制度で治療を受けられない場合がありますので、示談する前に必ず届け出をしてください。

  【申請に必要なもの】

   保険証、認印、第三者行為による被害届、交通事故証明書、事故発生状況報告書など